ん?点と点が線になる?どうやったら点は繋がる?その意味を伝授する!!

この記事は2020/02/25に最新情報へ更新っ!!

teten

こんちはっす!脳内アーティストSHUN INANUMAです!

今日は自分の実例を通して、点と点は線になるを解説する!線はある日パッと繋がる、、、!!

であれば点を作ることに集中しよう。

点を作ることそれは実行でしかない、ただの実行ではない、今マジになった実行である!

実行力、これだけは自信あるんですよ僕。それが意味のある行動なのかは一旦置かせてください。w

関連記事:1年で19コの企画を実行して分かった実行力以上に必要だったこと

稲沼
線になる点とは今マジになった点だ!

点と点が線になる、点を作ること含めてその過程がストーリーであり、そのストーリーはあなただけの完全オリジナル。だから面白いっ!!

 

いっけん関係のない点と点が線として繋がった

kakkoyokunai

これはまさに最近のこと!やっと繋がったといってもいい。点→知識、線→経験と書かれている記事もあったが全く関係なしに実体験から自分の言葉で解説する!

解説するために去年以前にやっていた点を羅列する

 

これらが線として繋がったことなのだが、どのように繋がったか分かるだろうか?

1年以上かけてふと気づいた。ランダム!そう、上記の企画は全てランダムとして共通している!

そしてランダムアプリを作っているんだから面白い。

関連記事:近くのご飯屋さんがすぐ見つかる!現在地周辺の飲食店が2秒で見つかるアプリ!

 

ここで重要なのがこれらの企画は線にするためにやったわけではないということ。

線が見えていて点を打っていった訳ではなく、打っていった点が線になったのだ!

稲沼
最初から線を見ようとする人が多い気がする。

そしてそれが現実とのギャップとなって本末転倒となってる人がいる。線にするのではなく、線になるのだ。

 

どんな点と点が線になるのかその意味を解説します

tumaranai

前述したが線となりうる点とは今マジになった点だ!

昨日のなんてことない呼吸が点になることはないが、昨日の一世一代の大勝負でした深呼吸は点になるであろう。

つまり密度だ。

その点に対してどこまで本気だったか、どれくらいの感情とエネルギーが注がれたか!

 

バカだから先のことは分からないし見えないけど、唯一分かってることは今自分で決めた選択肢が上手くいくことは確信できてる。

それは例えその場では失敗してたとしても、逃げたとしてもあとから見れば上手くいってる。

関連記事:変わりたいけど変われない。あんたが最初にやるべきたった1つの事

 

成功した失敗したは関係ない!大事なのはどれだけ密度のある点を自分を信じて作れるか!

点を集めるのは自分だけでなく他の人の力を借りれば簡単に増やせられる、例えばレッスンや学校、仕事。

稲沼
他の人の力を借りるのも、借りた力を実行するのも最終的には自分だしね!

しかし線こそは自分自身で感じるものであり、他人に作られるものではない。

線こそがあなたの完全オリジナル!

点を作り自分だけの線を見よう、それが個性であり強みである!

 

まとめ

randamga

こうした過去の密度の高い点がいずれ線になる。線になるべき時がくる。

だからこそ面白いのだ。

思い描いた線を見るために点を作った訳ではないから自分の常識の外と繋がった!

自分でも思っても見なかったストーリーのある目的ができた!

そう、点と点が線になる過程はストーリーだ

唯一無二のあなただけのストーリーは、他でもないあなたの足から作られる。

動こう、楽しみがら、自分で、密度の高い点を思いっきり打ち続けるんだ。

 

今マジになる!!

 

お前誰だよって方はこちら↓↓

profile3_28

■ デザイナー またはデザイナーになりたい人向けのまとめ記事がおすすめ ■
デザイナー向けまとめ記事

■ 新時代のフリーランスになる方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ! ■
新時代フリーランスの教科書

■ ゼロからアパレルを立ち上げる方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ ■
個人アパレルブランドQ&A

■ フリーターから脱出する方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ ■
フリーター完全脱出マニュアル

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!

アパレルを作りたい人のためのマガジン

magazinebanner

アパレルブランドは専門的な知識がないとできない?いや、そんなことはない! 普通大学を中退し、全くの未経験からTシャツだけのオリジナルブランドを立ち上げ年商2500万以上まで成長。 無料のSNSやブログでは言えない極秘情報をまとめました。

ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

line@banner

書いてる途中、何回も泣いた、フリーランスに関してもう言うことないくらい全部書いた。どこ探してもなかった4年間のリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。この奮闘記を読めば俺よりもっと早いスピードで成長できる。