本当に良いものを作ったなと泣きそうになったあの日から俺は

mineowiths

こんちはっす!脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)です!

今いろんなことをやっている。Tシャツブランドやアプリ、ポエムや移動生活、そして今月新しいアパレルブランドも始める。

表現活動実績はこちら

今でこそ色々やっているし、これまでも色々やってきたけれど、去年のある時、実はアプリ以外の全てを辞めようとしていた。

そしてその時とある人から言われた一言が俺を変えた

やっと本当に良いものを作れたと泣きそうになったあの日から俺は。

 

2018年、自分を変えたプロダクトと気づき

これはなんども言っているけれど2018年の一番の気づきは自分をコンテンツの主役とするモノを作るのではなく、使う人を主役にするモノを作ることである。

これに気づいたのは2018年3月の初めて作ったランダムアプリのリリースである。

今になって過去に作ったコンテンツが取り上げられたりしてるけど、2017年までは多くのモノを作って、多くのものを潰した。

関連記事:1年で19コの企画を実行して分かった実行力以上に必要だったこと

アプリのリリースでの盛り上がりはやっと自分史上一番の盛り上がりを見せた。そして過去に色々やってデザインだけ一本に絞った時に成果を出せたように、多動力ではなく一点突破の時期だと思った。

関連記事:色々やらない一点突破と色々やる多動力あなたは今どっちをやればいいか答えよう!!

だからアプリ1本に絞って、他を辞めて突破しようとしたのだ。

やっと本当に良いものを作れたと泣きそうになったあの日

俺のプロジェクトはほぼ全て誰かと2人でやっている。

理由は単純だ、その方が楽しいからである。しかしだ、成果を出すには一点突破しかないと思っていた

関連記事:個人で行うプロジェクト報酬の決め方 ~共同で折半か外注や雇用とするか~

だから、いつもプロジェクトに関わってくれている制作メンバーと運営メンバーとの飲み会でこう伝えた

「アプリ一本に集中しようと思っている」

これを言うことが裏切りだと思っていた。失望する人もいるか?怒る人もいるか?

何人かのプロジェクトメンバーは共同プロジェクトを潰すことに同意した。

そうこれらプロジェクトは共同とはいっても言い出しっぺは全部俺だからだ。

しかし一人だけ潰すことに同意せず、自分の想像を超える言葉を言ったやつがいた。

「お前がいなくても俺は続けるよ」

あの日から俺は、いや、俺らは

その時に泣きそうになった。ああやっと俺は自分のプロジェクトではなく2人のプロジェクトを作れたんだと思った。

俺と同じように企画に熱を持って愛してくれるモノを一緒に作れたんだと思った。

その頃そのプロジェクトは特別、お金になっているわけでもなく、話題になっている訳でもなかったんだ。

こんなことは多分人生で初めてだった。めちゃくちゃ嬉しかった。

 

それからというものの、アプリとそれ以外のプロジェクトをほとんど辞めて、さらには仕事もストップした。

そこからそのプロジェクトによる快進撃が始まる。

そう、「お前がいなくても俺は続けるよ」と言ったのは

Tシャツブランド「喋るTシャツ」の相方である。

そのあとに平成アイコンサービスがバズり、平成ゆとりTシャツが多くの人の手に渡って、写真展「平成が終わルンです」は大盛況で終えた。

全部もしあの頃に辞めていたら実現しなかった出来事である。

もしあの一言がなければ見れなかった景色である。

 

今日は新しい撮影だった。2016年に地元の鳥貴族から始まり、最初の撮影は俺と相方とカメラマンの3人だった撮影スタッフも。

今日の撮影は俺ら2人の他に、カメラマン、カメラマンアシスタント、メイクの人、メイクアシスタント、2名のモデルさん、モデルさんのマネージャー、ロケバス運転手

本当に良いものを作ったなと泣きそうになったあの日からこんな撮影もできるようになった。

俺はではなく、俺らは。

この光景はまた、忘れねぇだろうな

S__59826235s

喋るTシャツ及び平成ゆとりTシャツはまだまだ面白くなります。お楽しみにね!!

 

今、マジになる!!

 

お前誰だよって方はこちら↓↓

profile3_28

■ フリーターから脱出する方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ ■
フリーター完全脱出マニュアル

■ 新時代のフリーランスになる方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ! ■
新時代フリーランスの教科書

mineowiths

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!

ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

line@banner

書いてる途中、何回も泣いた、フリーランスに関してもう言うことないくらい全部書いた。どこ探してもなかった4年間のリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。この奮闘記を読めば俺よりもっと早いスピードで成長できる。

どこ探しても見つからない超リアルな収支結果

line@banner

全くもって順調な人生ではなかった。楽しんで苦しみ抜いた大学を中退しての6年間。新卒フリーランスでも、起業経験者でも、サラリーマン経験者でもない。超リアルなフリーランスのお金の話をLINE@で発信中。毎週更新!見逃すでない!