おしゃれなロゴデザインの作り方!初めに知っとくべき4つの基本的考え方

imaginal

こんちはっす!脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)です!

おしゃれなロゴってどうやって作るのだろう?これらに答える記事をなるべく分かりやすくシンプルに解説してみた!

今回操作方法に関しては一切解説しないのでそれはまた別途調べたりしてほしい。

ロゴデザインにおいてWEB上に操作方法はたくさんあるが、なかなか考え方を解説しているサイトはないのだ!

 

ちなみに今はデザインの仕事は辞めてしまったが、オリジナルグッズなどのデザインは今でも全部自分で手がけている!

関連記事:個人でのオリジナルグッズや商品の作り方・販売方法を比較してまとめてみた!

 

過去は70名以上の生徒にデザインを直接教えたり、ロゴ以外もいろんなデザインを制作してきた!

自分の作ったロゴがTVに映ったり、

 

海外のレストランのロゴを作ったり!

 

そんな自分が今回はロゴデザインにおいて最初に知っとくべき4つの考え方を紹介する!

まずはロゴデザインの基本的な種類から!

ロゴの超基本の形は2種類だ!アイコンロゴと文字ロゴ!そのどちらを作るのかが最初に決まれば作りやすい。

もちろん細かくいえばもう少し種類はあるけど今回は基本的な考え方の紹介なので割愛。

アイコンロゴ

mojirogo-2

アイコンロゴは文字ではなく、アイコンで形作るロゴだ。例えばNIKEとか!

アイコンロゴは図形ツールを使ったり、ペンツールを使ったり、フォントを使ったり。

作り方は無限にあるので、これは以下の紹介するサイトと要素の模範の章を参考にしてほしい!

ちなみに文字ロゴでもアイコンロゴでも使うソフトはイラレであることが望ましい!

 

文字ロゴ

mojirogo

文字ロゴは文字のみのロゴである!上のSHACA SHACA!!のロゴもそうだし、有名どころでいえばSONYとかもそうかな。

文字ロゴには大きく分けて2種類の作り方があって、1つがフォントを使う方法、もう1つがオブジェクトから作るロゴ

初心者におすすめなのはフォントを使うロゴである。なおMacの標準に入っているフォントはロゴとして使用OKなのも覚えておきたい。それに関して詳しく知りたい方は調べてくれ!

オブジェクトから作るロゴは例えばペンツールや図形のツールを使ってオリジナルの形で作る。

もちろん少し難易度は上がるけど、ペンツールの使い方とパスファインダーの2つを知っていればそれなりにできる!

こちらは操作方法になるのでより詳しく知りたい人はこれまた調べてくれ!(すぐ出てくるから!)

まとめ:まずは作りたいロゴの基本の形を知る!

 

ロゴデザインで参考にすべき2サイト!!

よしじゃあ基本の形も知ったし!オリジナルのロゴを作り始めるぞー!となった人は危険!!ちょっと待って!笑

そのまま作り始めると恐ろしいほどにどうしていいか分からなくなるはず。それは1つの考え方を知らないからだ。

参考にするロゴデザインを探す

これが抜け落ちているといつまでたっても成長することができない。パクるんじゃなくて参考にするロゴデザインを探すのだ!

そこで今回は参考になるロゴデザインを見つけられるサイトを2つお伝えする!

Pinterest

こちらのアプリは世界中のおしゃれアイデアが集まったアプリ。

おしゃれアイデアは多岐に渡り、ロゴや紙、webデザインはもちろん写真やファッション、ネイルデザインやヘアデザインまでとにかく多くのジャンルが取り揃えられ、ボードのように画像で表示される!

Pinterestはこちら

有名な詳しい使い方などは過去記事で解説しているので読んでみてほしい!

関連記事:センスが無い?見るだけでセンスが上がるアプリをデザイナーが教える!

Behance

とにかくまぁレベルが高い。Pinterestと同じようにロゴデザインだけでなく様々なデザインのポートフォリオを見ることができる!

それも世界中のデザイナーが制作したものを見れるので見るだけでセンスが良くなった気になる。

検索窓があってそこにロゴと入力して検索するとたくさんでるのでぜひ見ていただきたい!

Behanceはこちら

 

まとめ:センスの良いサイトを見て、参考になるロゴデザインを探す!

 

ロゴデザインの作り方は要素を模範すること!!そして要素を説明できること

よし良いロゴを見つけた!じゃあこれと同じような感じで作るぞ!と思った貴方!危険です!笑

ロゴをそのままパクることはやってはいけない!!

さっき参考にするデザインを探すと言ったはず。では参考にするとはどういうことか。それは要素を模範するということである!

少し話が前後して申し訳ないが、オリジナルのロゴデザインを作るにあたって重要なのは要素である!

そのロゴに含めたい要素の候補を決めるのだ。

そうするとさっきのアイコンロゴにすればいいか、文字ロゴにすればいいかも決まる!

mojirogo

例えばSHACA SHACA!!のロゴ。加えたい要素は”シャカシャカ振る”だった。

じゃあシャカシャカ振られている感じをどう表現するか、その表現方法を参考サイトから見つけるべきなのである!

例えば、参考サイトのロゴを見て、文字を斜めにするとか、文字の外に風を切ったオブジェクトを配置するとか、フォントの形をハネタようにするとかそういった要素を発想するわけである!

その要素にそった表現方法を参考にするために先ほどのサイトを見て学ぶのだ!

まとめ:参考サイトから要素を学ぶ!

 

さいごに

この記事を読んで、よし!イラレを立ち上げて作るぞ!と思った人はあとちょっとだけ待ってほしい!笑

最後に伝えたい考え方は、、、

ロゴは手書きの下書きがめちゃくちゃ重要

まず手書きの下書きを書いてから、それを再現するようにイラレを使ってほしい!手書きの下書きで要素にあてはまった多くのロゴを書いて、ピックアップしデータとして整えていくのが正しい方法!

ということでまずは手書きから!

今まで紹介した考え方をまとめると

  1. 要素を書き出す
  2. 作りたいロゴの基本形を決定する
  3. 参考デザインを探す
  4. 参考デザインの要素を模範する
  5. 手書きでラフを書く
  6. イラレを起動!

 

つまりロゴデザインはイラレに入るまではとても長いのだ!

初心者は考え方を知らずにすぐにソフトを起動してしまうから進まない!

以上、ロゴデザインの基本的な考え方4つでした!

 

今、マジになる!!

 

関連記事:【デザイン思考】人生を変える?デザインを勉強して分かった7つのポイント

 

お前誰だよって方はこちら↓↓

profile3_28

■ フリーターから脱出する方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ ■
フリーター完全脱出マニュアル

■ 新時代のフリーランスになる方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ! ■
新時代フリーランスの教科書

imaginal

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!

ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

line@banner

書いてる途中、何回も泣いた、フリーランスに関してもう言うことないくらい全部書いた。どこ探してもなかった4年間のリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。この奮闘記を読めば俺よりもっと早いスピードで成長できる。

どこ探しても見つからない超リアルな収支結果

line@banner

全くもって順調な人生ではなかった。楽しんで苦しみ抜いた大学を中退しての6年間。新卒フリーランスでも、起業経験者でも、サラリーマン経験者でもない。超リアルなフリーランスのお金の話をLINE@で発信中。毎週更新!見逃すでない!