【デザイン思考】人生を変える?デザインを勉強して分かった7つのポイント

lifedesign

こんちはっす!脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)です!

何かを学んだとき、ああこれは人生に通じるな。って思ったことない??以前こんなツイートをした。

 

デザイナーとして長年作ったり教えてたりする中でこれは人生に通じるぞ。と思ったポイントがあったので書く!

デザインで学んだことはデザイン関係なく人生に活用できる!より濃いいいいい自分の人生をデザインしよう!!

 

①余白はできるんじゃなくて作る

デザインにおいて余白はめちゃくちゃ重要。余白を作ることによって見やすく、また配置しやすくなるが、余白って自然とできるものではないんだよね

これは人生においてもそうで、余白が自然とできるものであれば皆んなできてるんだよね。余白はできるんじゃなくてこちらのコントロールで作るもの。

初心者の作るデザインがそうであるようにほとんどの人に余白がない。余白がなければあなたはそのままである。余白はできるものでなく作るものだ。これはデザインも人生も変わらない

参考記事:上手くいったら辞める!?成長したいならリスクを取るべきである6つの証明

 

②全て説明できるように

プロかプロでないかは説明できるかできないかで判断できる。デザインはただおしゃれ・綺麗では意味がない。

なぜこの色なのかなぜこの配置なのか、なぜこの大きさななのかなど全て説明できるのがプロフェッショナルである。

人生も同じでなぜあなたはそれをやっているのか、なぜそれが必要なのか、なぜなぜなぜ。WHYへの答えを考えることで深みが増す。

原体験や思いの強さはコンテンツの強さに比例する。人生はコンテンツだと思えば全て説明できるようになることで濃くなる

 

③時間を意識、スピードを意識

フリーランスである場合、デザインは時間報酬ではなく、案件報酬である。つまり早く良いものを作れれば自分の時給は上がる。

そこにどのくらい時間がかかったかは関係ない。また時間をかければかけるほど良いものができるかと言われればそうではないのだ。

だとしたら時間を意識しないといけない。デザインだけでなく人生も、時間が無限にあるのであればそこに熱量は生まれにくい、時間には有限があるから密度が高くなる。

走るよりも早く、楽しみながらスキップで生き急ぐ。

関連記事:面倒くさがりが成功する!?時間を生む5つの省略の戦略を攻略!!

 

④絶対の正解はない

デザインには無限に選択肢があり絶対の正解はない。だから難しく、だから面白い。

もし仮の正解があるとしたらそれはクライアントの満足であったり、その先のターゲットの満足であったりだ。

それと同じように人生にも正解はない。人生で例える仮の正解とは自分の満足である。皆がやっている=正解ではない、正解だと思っていること以上に正解だってあるかもしれない。つまりキリがないのだ。

正解は解釈である。デザインも人生も算数のような正解不正解で判断つくものではない。自分の人生のクライアントやターゲットは自分自身である。

絶対の正解がないのだとしたら自分が納得いく正解を自分で作り解釈を得るしかないのだ。

 

⑤はみ出しても良し、突き抜けても良し

デザインにはメリハリが必要で、優先順位が高いものをはっきりさせる必要がある。しかし初心者のデザインは悪い意味で全てがまとまってしまい本当に伝えたいことが伝わらない。

はみ出してもいい、突き抜けてもいい。むしろその方があなたらしく、伝えたいことが伝わる。個性は隠さず磨いて尖らす。

突き出た存在を良しと思わないのは昔の悪習だ。はみ出したもの勝ち、突き抜けたもの勝ちである。前にならえの時は後ろを向いて、伝言ゲームはぐちゃぐちゃにして楽しませてやろう

言いたいことがあるなら言って、やりたいことがあるならやろう。周りに合わせることなく本当に大事な目的達成のためにとことんはみ出す。その瞬間から自分の人生はさらに輝く!

関連記事:最強!?フリーランス×アーティストは楽しくてお金に困らない生き方!

 

⑥伝わらなければ意味がない

デザインは決めたターゲットに伝えたい形で伝わらなければ意味がない。間違った情報や間違った意図は混乱を招く。

伝わらなければあなたが作る意味もないし、伝わらなければあなたに頼んだことにも意味がない。

こちらがいくらそう思っていたとしても関係ないのだ。しっかりとその思いを伝えないと意味がない。伝えたい人に伝わらなければ意味がないということだ。

伝えたいことを伝えよう。大切な人へも彼氏彼女へもそう、思うじゃなくしっかり伝えよう。

関連記事:カップルでの移動生活の後悔。周りの風景は変わった。2人の景色は同じだった。

 

⑦神は細部に宿る

細かいとこまでこだわれるのがプロである。神は細部に宿るという言葉があるけれどデザインはまさにそれ。

文字と文字の間であったり、わずかな配置のズレであったり、細部にこそこだわるべきなのだ。こんな言葉もある。

細部は細部ではありません。細部がデザインをつくるのです。

人生も同じで3年や1年の長い期間が人生を作っているのでなく1日もっというと今この1秒が自分の人生を作っている。1日にこだわれ、1秒にこだわれ。

自分の人生のプロフェッショナルになれるのは自分だけだから!誰よりも知り、誰よりも理解している、そんな自分を使って1秒を生きよう!!

 

まとめ

他で言われているデザイン思考とは全く異なることだけど、デザインで学んだ要素を人生に置き換えて解説してみた!

これはデザインだけでなく人生だけでなく企画だったり何かのスキルだったりなんでも言えるかもしれない。

①余白はできるんじゃなくて作る
②全て説明できるように
③時間を意識、スピードを意識
④絶対の正解はない
⑤はみ出しても良し、突き抜けても良し
⑥伝わらなければ意味がない
⑦神は細部に宿る

この7つを読んだことでなにか行動のきっかけになれば嬉しい!

 

 

今マジになる!!

 

 

どこ探してもなかったリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。

rectangle_large_type_2_d73ef53f9f8537ab5479dcbc7f81f082

ずっと描きたかったフリーランスのリアル。なぜなら過去の俺が死ぬほど求めていた情報だからだ。

ただのフリーターからフリーランスになって4年がたった今、自分で書くことに決めた。

このnoteを読めば1人のフリーランスのリアルを知ることができる。リアルを知ることができれば新しい視野が広がり、稼ぎ方であったり、戦略であったり、今後の自分の方針を決めることができるだろう。

ブログと違って散らばった情報ではなく、まとまった時系列で学べる唯一の記録。

フリーランス最高!!なんて言えない、どこにも書いていない本当のフリーランスのリアル全まとめ。

 

お前誰だよって方はこちら↓↓

profile3_28

 

lifedesign

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!

ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

line@banner

書いてる途中、何回も泣いた、フリーランスに関してもう言うことないくらい全部書いた。どこ探してもなかった4年間のリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。この奮闘記を読めば俺よりもっと早いスピードで成長できる。

どこ探しても見つからない超リアルな収支結果

line@banner

全くもって順調な人生ではなかった。楽しんで苦しみ抜いた大学を中退しての6年間。新卒フリーランスでも、起業経験者でも、サラリーマン経験者でもない。超リアルなフリーランスのお金の話をLINE@で発信中。毎週更新!見逃すでない!