クリエイター的広告の考え方。作ったアプリに初めて広告収入が入った

advertises

こんちはっす!脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)です!

実は先日初めて作ったアプリ「SHACA SHACA!!」から収益が出ました!!

いやー。めちゃくちゃ嬉しかったですね。結局広告を入れてから5日間で664円という結果だった。たったこれだけ!?とか思うかもだけどとっても嬉しかったよ。

広告を入れずに9ヶ月運営していきて、初めて入れた広告の理由と考え方、今後の取り組みをシェアする、、

実はこのブログにも広告は一切なく、広告は作品の一部として捉えている。

アプリに入れた広告は全画面広告

先日アップデートして広告を入れたアプリはこれだ→関連記事:ランダムグルメアプリだったSHACA SHACA!!がランダムご飯アプリにアップデートしました!

ランダムグルメアプリがアップデートをしてグルメ+レシピのランダムご飯アプリとなりました!!

お店選びもレシピ選びも迷わない!1つのアプリで外食もレシピもどちらもランダムで最短最速の意図決定ができます!

このアプリは2018年3月にリリースし、9ヶ月間一切広告を入れずに運営してきた。2018年12月の大幅アップデートのタイミングで広告を入れたんだ!

S__57843727

配置した広告は全画面広告。そうもっとも嫌われる広告である。笑

その嫌われている全画面広告を罰ゲームとして表示することにした。笑

 

広告も作品の一部になり得る

このSHACA SHACA!!というアプリで広告が表示されるタイミングは一度で決めずに、なんどもランダムしてしまった人に対して罰ゲームとして表示する。

S__57843726

全画面広告の表示のあとは、次は1回で決めてみよう!!!というメッセージが現れるのだ。

作品のコンセプトがある。そのコンセプトに広告も合わせるべき。

今回のランダムアプリの場合、ランダムは1度の表示で決めるべきなのである。なので一度に複数回ランダムをするのはもはやそれはランダムではなくなる。

そんなコンセプトや趣旨から外れたユーザーに対して、補正の意味として罰ゲームの全画面広告。つまりこの広告表示が作品のコンセプトを反映しているのである。

ただスペースがあるから広告を配置するのではなく、コンセプトの文脈の上での広告配置であれば納得がいったのであった。

今後のマネタイズ(広告)はどうしていくか

広告がダメなのではなく、安易な広告が嫌なのである。では広告を全て廃止するのかというとそれでは維持もできない。

関連記事:安定した生活基盤の上でしか本当の自由表現は成り立たないのか?

もちろん広告以外のマネタイズもあるが、広告は1つのマネタイズ手段として大きな割合を占める。

今後もアプリを継続し進化させていくためにもちろんマネタイズに挑戦するし、稼ぎたいとも思う。

 

ただユーザーの邪魔なだけなのか、それともユーザーに意味のある広告、コンセプトの上にある広告なのか。

ここにはしっかりこだわってマネタイズ、広告に向き合っていきたい。

 

罰ゲームとしての広告を配置したSHACA SHACA!!のDLはこちら

 

今、マジになる!!

 

 

お前誰だよって方はこちら↓↓

profile3_28

■ フリーターから脱出する方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ ■
フリーター完全脱出マニュアル

■ 新時代のフリーランスになる方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ! ■
新時代フリーランスの教科書

advertises

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!

アパレルを作りたい人のためのマガジン

magazinebanner

アパレルブランドは専門的な知識がないとできない?いや、そんなことはない! 普通大学を中退し、全くの未経験からTシャツだけのオリジナルブランドを立ち上げ年商2500万以上まで成長。 無料のSNSやブログでは言えない極秘情報をまとめました。

ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

line@banner

書いてる途中、何回も泣いた、フリーランスに関してもう言うことないくらい全部書いた。どこ探してもなかった4年間のリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。この奮闘記を読めば俺よりもっと早いスピードで成長できる。

全SNSを辞めたあとの稲沼ストーリー

line@banner

いつしかTwitterフォロワーは1万人に。学歴も職歴もない俺にとってSNSは最大の武器になっていた。しかしもっと成長するためSNSを全て辞めた!稲沼のチャレンジが見れる発信はここだけ。毎日更新!クリエイター必見!