商品価値より過程参加価値。プロ奢から学ぶ!過程から参加できる共犯者の作りかた

figure-3956569_640

こんちはっす!先日プロ奢ラレヤー(@taichinakaj)に飯を奢りにいきました!

プロ奢との写真をアイキャッチ画像にしようと色々デザインしてみたのですが、なぜか江戸時代の写真に落ち着きました。脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)です!

彼は奢られることが仕事になってる人だ。それも面白いんだけど、彼は相当頭が切れるんですよね。

時々、顔も不機嫌なのかキレてるように見えますが。。。

プロ奢ラレヤーとして奢られることを仕事にしている彼が先日こんなツイートをしていた。

このツイートをみてDMを送り、30分後に会うことになった!

今日はそんなプロ奢との話で気づいた

商品価値より制作過程からの参加価値を生み出す

これ自分に足りないところだったんすよね。今日はこれについて自分の考察を書いていく。

ある気づきが自分のコンテンツを進化させた

はじめに自分のコンテンツを例に説明したい。たくさんのコンテンツを作った結果(表現活動実績はこちら)、ある重要な気づきを得る。

自分を主役とするのではなく、コンテンツを使う人自身を主役にすべき

どういうことか?昔は自分自身をコンテンツの主役をしようとしていた。しかしそれでは多くの人に届けることはできなかった。

多くの人に届けられるようになったきっかけの詳細は、過去に写ルンですと共同開催した写真展を終えた記事に詳しく書いた。

みんな自分が好きだ。人の人生の主役になろうとすることはことさら難しい。

自分の人生、自分が主役である。作るべきものは人の人生をその人自身がより主役となれるものである。

この写真展がうまくいった理由はこれ。

来場者1000人以上の写真展を終えて。お客さんの目に自分はいなかった

写真展だけでなく、ランダムアプリのSHACA SHACA!!も、SNSアイコン画像に生まれ年がデザインできる平成アイコンも、1200枚を販売できた平成ゆとりTシャツも

そのどれもがその人自身をより主役とするという気づきが結果をもたらしてくれた。

関連記事:10日で6000DL!初めて作るアプリのダウンロード数を上げた9つの戦略

関連記事:1週間で800シェア!初めて作ったWEBサービスがバズった6つの理由

 

しかし、これら自分のやっていたことは

商品リリース後の体験を通したアプローチで、主体的な参加者になってもらえる形を作ることだった。

プロ奢がやっていたのは、

リリース前の作る段階から参加者となってもらう、過程参加価値を作ることであった。

稲沼
ちなみに過程参加価値はプロ奢が言っていた言葉ではなく、勝手に自分が解釈して作った言葉なのであしからず。

プロ奢が実践する過程から参加価値を作る4つの方法

自分が今までやっていた使う人自身がより主役となれる商品価値が間違いなのではない。

それに加えて参加過程から自分以外の人たちが主役となれる過程参加価値を生むことができれば、より多くの人を巻き込んで楽しいことができるのではないだろうか。

ということでプロ奢が実践していた過程から参加価値を作る方法を俺なりに分析して紹介する!

①参加価値のある企画を作る

どんな企画だと参加してくれるだろうか?と考えると、非日常の体験である。

例えばそれこそ写真展や、アプリ制作、出版や商品開発など。普通に生きていたらなかなか自分自身では作ることのできないコンテンツ。

これらに参加できる企画を作ることができれば参加価値のある企画になる!

②商品を形作るコンテンツを共犯者たちから集める

普通の思考だと、自分自身でコンテンツを全部作ることを考えてしまう。これらコンテンツをたくさんの共犯者から集めることもできるのだ。

参加してもらえる魅力ある非日常の企画にするか、または賞金などを用意してもいい。あるいは影響力のある人になるか、影響力のある人と組むとか。

または地道に人に会うことで形作ることもできる!そう考えるとフォローワー数は言いわけにならないよね。

③商品の制作を共犯者から募る

商品の制作には、ロゴデザインやHPのデザイン、エンジニアリングやイラスト、動画などなど、スキルが必要な場面がある。

普通はそれを外注したり、チームとして機能させたりするのだがそのを募集してしまう。

そうすると共に盛り上げてくれる共犯者となるのだ。

④リリース後の追加コンテンツを共犯者が作る

リリースした初期の商品コンテンツだけではなく、リリース後の追加コンテンツも共犯してもらえる。

②の商品を形作ったものと同じコンテンツでもいいし、別軸として横展開した追加コンテンツもいける。それも自分ではなく共犯者に作ってもらうのだ。

 

以上プロ奢が実践する過程から参加価値を作る4つの方法を紹介した。

これをオンラインサロンなどのクローズドの場ではなく、Twitterというオープンな場でやっているのが面白い。

誰もが他人のコンテンツより、自分が作ったコンテンツを広めたいと思う。

せっかく楽しいことやるんだから、それは子供の頃の「俺の家きなよ!そんで何して遊ぶ?」みたいなのと変わらないのかもしれない

ふつうにビジネス目線の共犯者とかではなく、多くの人を巻き込んだ方が楽しいよね!

  1. 参加価値のある企画を作る
  2. 商品を形作るコンテンツを共犯者たちから集める
  3. 商品の制作を共犯者から募る
  4. リリース後の追加コンテンツを共犯者が作る

 

ぜひこれらを実践して、過程参加価値を作ってみてほしい。

俺もやってみる!今、マジになる!!

 

P.S プロ奢とランチで使用したランダムご飯アプリのDLはこちら

 

お前誰だよって方はこちら↓↓

profile3_28

■ フリーターから脱出する方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ ■
フリーター完全脱出マニュアル

■ 新時代のフリーランスになる方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ! ■
新時代フリーランスの教科書

figure-3956569_640

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!

ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

line@banner

書いてる途中、何回も泣いた、フリーランスに関してもう言うことないくらい全部書いた。どこ探してもなかった4年間のリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。この奮闘記を読めば俺よりもっと早いスピードで成長できる。

どこ探しても見つからない超リアルな収支結果

line@banner

全くもって順調な人生ではなかった。楽しんで苦しみ抜いた大学を中退しての6年間。新卒フリーランスでも、起業経験者でも、サラリーマン経験者でもない。超リアルなフリーランスのお金の話をLINE@で発信中。毎週更新!見逃すでない!