インフルエンサーの作るブランドがめちゃくちゃつまらない3つの理由

lost-places-1510592_640

こんちはっす!脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)です!

よくインフルエンサーって自分のブランド作りがちじゃないですか。アパレルとか特に。総じてつまらないですよね?笑

稲沼
俺が性格悪いだけ?

いや、会った人は分かると思うけど俺の性格は悪くないぞ。めちゃくちゃ優しいぞ。

ここで俺が言いたいのはもっと考えれば?ということ

買うのはファンだけ。そんなもの作りたくない?

そんなインフルエンサーブランドを、一般の人も参考にしてさらに少ないファンにしか買わないものが製造されて泣ける。分かりやすくいえばまだ売れていないバンドマンとかね。

 

自分が作った以外の価値を提供できるか

かっこいい、かわいいにもはや価値はない。差別化の要因にはならない。

イケてるは最低条件だ。もしここで勝負するなら狂うほどにイケてないとだよね!

インフルエンサーが作るブランドがめちゃくちゃつまらない3つの理由とそれに対する対抗策を考えてみた。

①ブランドに深みがない

深みがないとはこだわりがないともいえる。こだわりがないとは説明できないことを言う。

つまり深みを作るにはこだわりを組み込むべきだし、こだわりを組み込むには説明できるように作るということ!

総じて浅いプロダクトは説明ができる部分が少ないのだ!

②着るという以外の価値がない

服には着るという価値がある。ただその価値ならGUやユニクロでも良いということになる。

大事なのは着る以外の価値だ。それはコンセプトから生まれる価値かもしれないし、機能面での設計かもしれないし、特典をつけることで着る以外の価値を生めるかもしれない。

ちなみに自分がやっている喋るTシャツはコミュニケーションをコンセプトとして会話のきっかけになるTシャツを作っている。

これは着るという以外にコミュニケーションという機能を加えたブランド!

関連記事:無料で作ったファッションECサイトが100万PV突破!個人ブランドの集客方法を解説

③ブランドにストーリーがない

見るからにマネタイズ。グッズ作った方が儲からね?みたいな商品はめちゃくちゃ嫌いだ。いや、ファンからしたらそれが応援する人の糧になるならいいかもしれないけど、、、

そもそもその行為自体がファンしか買わない理由だ

お金の上にグッズを作るのではなく、ストーリーの上にグッズを作る方が綺麗だ。

そして結果的にそっちのが売れるし、その作ったものきっかけに新しいファンも増えるかもしれないよ。

デザインなんてほとんど簡単に真似できる。だからこそ真似できないあなたのストーリーが重要なのは理解できるはず!

かといって顔の見える個人が作ったブランドは強い

とはいってもインフルエンサー自体は新しい時代の新しい究極の個人ブランドだと思う。

決して努力や継続力なしでなれるものじゃない。(事務所におんぶに抱っこの人は知らん)

だからこそブランドづくりや商品づくりに本来持っているはずの能力と自分の脳みそを使う、すると今よりずっと良いものが作れるはず。

 

 

企業ブランドは顔が見えにくい。でもインフルエンサーブランドに代表される個人ブランドは顔が見えやすい。

だからこそ深みも作りやすいし、着る以外の価値も生みやすいし、ストーリーも感じやすい。

 

それらがファン以外にも購入される理由となり、つまらないプロダクトから脱却するはずだ。

関連記事:個人が勝てる戦略は自分を出しつつ、自分を出さないこと

 

そしてその行為こそがブランドを形作っていく。

誰も真似できない正真正銘のオリジナルブランドとなる。

 

今、マジになる!!

 

関連記事:個人でのオリジナルグッズや商品の作り方・販売方法を比較してまとめてみた!

 

まとめ記事はこちら↓↓

apareruqa

 

お前誰だよって方はこちら↓↓

profile3_28

■ フリーターから脱出する方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ ■
フリーター完全脱出マニュアル

■ 新時代のフリーランスになる方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ! ■
新時代フリーランスの教科書

lost-places-1510592_640

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!

ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

line@banner

書いてる途中、何回も泣いた、フリーランスに関してもう言うことないくらい全部書いた。どこ探してもなかった4年間のリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。この奮闘記を読めば俺よりもっと早いスピードで成長できる。

どこ探しても見つからない超リアルな収支結果

line@banner

全くもって順調な人生ではなかった。楽しんで苦しみ抜いた大学を中退しての6年間。新卒フリーランスでも、起業経験者でも、サラリーマン経験者でもない。超リアルなフリーランスのお金の話をLINE@で発信中。毎週更新!見逃すでない!