今日から変えれる!俺がフリーターから脱出した時間の使い方と方法論!!

1958458_573707586032489_844921365_n

こんちはっす!脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)です!

このブログはありがたいことにやっとこさ色んな人に読まれてきています。あと1ヶ月でブログを始めて1年。そもそも俺は誰に向けて記事を書いているのでしょうか?

答えはフリーターです!何を隠そうフリーターの時が一番苦しかったからですね。

今日もフリーターの為に綴っていこうかと思います。(でも色んな人に役立つと思うよ!)

稲沼は大学2年で退学し、そのあと3年間フリーターでした。詳しくはこちら

 

フリーターから脱出した時間の使い方と方法論!それは

ルーティーンにする時間・連続した時間・ちょっとした時間を活用したからであった!

 

アルバイトの入れ方

2017-01-11-14-01-00

フリーターとは学生や社会人ではなくアルバイトをしている人と定義している。俺の場合は音楽がやりたくて一般の大学を自主的に退学してそのあとアルバイト生活をしていた。音楽活動と並行してやっていたデザインで音楽を辞めた後に独立することとなった!(写真はフリーターのバンドマン時代)

フリーターを脱出するにはどんなアルバイトが最適か

一生フリーターを目指しているフリーターはいないだろう!何かしらやりたいことがあり、成し遂げたいことがあるからフリーターなのではないかと思う。しかし明らかにフリーターを脱出するのに不向きなアルバイトもある。

俺がやっていたバイト

俺がやっていたバイトはコールセンターのバイトだった。なぜこのバイトを選んでいたかというと

  • 時給が高い
  • 時間が固定
  • 週3でもOK
  • 家から近い
  • 19時に終わる

だったからだ。この条件を最優先して業務内容はあまり気にしなかった。実際には保険の電話営業でドレッドヘアーで保険を売ってたわけだw(でも結局ここでの経験も活きてるから人生面白い)

時給が高いということは少ない時間で最低限のお金を確保できる。時間が固定であればスケジュールが立てやすい。週3にすることで残りの週4は目指すべき事に時間を捧げる事ができる。家から近いのであればより時間を確保する事ができ、19時に終わることで健全に夜の時間も健全に確保できる。

逆に言えば夜勤であったり、休めないバイト、必ず週5、家から遠いなどのアルバイトは論外だ。

上の条件は全てが時間の確保につながっている。つまり、フリーターを脱出するためのアルバイトの条件としては自分の時間を確保できるかだ。

 

フリーターから脱出アルバイトシフトの組み方!

俺がフリーター時代に週5で8時間の仕事を行っていたら恐らく独立はいつまでたってもできなかった。先に自分の時間を確保するためにアルバイト代を抑えるリスクを取って、お金はないけど時間はあるような状態を無理やり作った。

結果的にそれが、好きなことでの収入を上げることにつながり、いつしか収入はバイト代と並び、バイトを辞めることができた!!つまり時間の確保を最優先でバイトは決めるということ。アルバイトをやるために生まれてきたわけではないでしょ。

もし時間が確保できないのであればシフトを減らすかアルバイトを変えるかして時間を作る。それができなければかなり厳しいし、実現への時間も相当にかかってしまうよ。これはサラリーマンも一緒で、何かやりたいことがあるならば時間は必要である。

時間を確保できたとして、次は時間の有効活用だ!

 

ルーティーンにする時間と連続した時間、ちょっとした時間を活用せよ!

時間を確保する方法はシフトを減らす、バイトを変える、寝る時間と起きる時間などいろいろある。

フリーター、フリーランスの1日の始まりは朝からだと思ってる?

2016.09.08

今回の記事では確保した時間を分類化して、それに応じてどう活用していったかを伝えよう。全てフリーターの時にやっていて、そのあと独立できた時間の使い方だから参考になるはず!

ルーティーンにする時間の活用方法

f-f_object_16-s512_f_object_16_0bg

ルーティーンとは毎日同じ時間に同じことをやる。つまり日課だ!俺は午前10時のバイトが始まる前の8時から9時半を毎日のルーティーンとした。朝イチばんにやっていたことは練習と勉強。つまり緊急性はないけど将来に繋がることを1日の始まりにルーティーンとして取り入れた。

音楽をやっていた時は1時間半を基礎練習につぎ込み、音楽を辞めた後はデザインの勉強をしていた。

これがめちゃくちゃ良かったと振り返って思う。もちろん午前の活用はフリーランスになった今でもルーティーンとしてやっている。今はブログを書いたり動画の勉強をしたり。フリーランスはどうやら一生勉強っぽい。

毎日同じ時間(1日の始まりの時間がベスト)に緊急性はないけどとても重要な事をやるルーティーンを作る。

 

連続した時間の活用方法

f-f_object_1-s512_f_object_1_0bg

連続した時間とはぶっ続けで取れる時間。最低でも3時間。つまりバイトの休みにあたる日だね!一気にやりとげたい事を行っていた。音楽をやっている時は曲作り。デザインをやっている時は制作をしてたり、戦略をたてたりしてたお。

つまり連続した時間を作り、集中的に自分の本来やるべきことをする。これが週5でアルバイトをしているとほぼ取れない。だからどんなに苦しくてもバイトは週3に抑えた。ある作業を集中してやるとその作業がとても早くなった経験はない?連続した時間は成長をもたらす。

時間が取れなくてはフリーターを脱出する技術も戦略も作業もできない。あなたはやりたかったことを諦めることになる。そんな人を本当に多く見た。

 

ちょっとした時間の活用方法

f-f_object_53-s512_f_object_53_1bg

ちょっとした時間とは、アルバイトの休憩時間、電車に乗っている時間、人を待っている時間、飯を食べている時間などなど。そんな時間をスマホを眺めて、テレビを見ながら無駄に過ごしていいないだろうか?

俺がやっていたコールセンターのアルバイトは全員の休憩時間が一緒だった。皆で飯を食べ、皆でタバコを吸う。会話の内容はやっぱり誰かの悪口や仕事の愚痴で、生産性なんて全くない眠いだの疲れただの聞いてるだけでうんざりな会話だった。どうだろ?あなたも知らずの内にそんな会話ばかりになってない?

だから1時間の休憩時間は集団行動を避けて誰も行かない喫茶店や公園でPCで作業したり、本を読んだりした。周りに合わせていたら今の俺は確実にいない。

電車に乗っている時間や人を待っている時間、飯を食べている時間は全て読書の時間に使った。この時間を活用するだけで十分すぎるほど時間を確保できる。別に読書の時間を確保しなくてもちょっとしたスキマ時間で読書の効果は得られる!スキマ時間での読書は片手で読めるKindleがめちゃくちゃ読みやすい。こいつのおかげで月に5冊はスキマ時間のみで読めてる。かれこれPaperwhireは3.4年使ってるね!

 

思い切って辞める

実は退学してすぐに始めたアパレルのバイト。一年間アルバイトとして、そのあと半年だけ契約社員になったことがあった。つまり初めて週5の8時間を正規で働いたことがあった。しかし自分のための好きなことをやるための時間の確保が難しく、契約更新の時期にやめた。

確かに初めての契約社員は当時の俺からしたらめちゃくちゃ金がもらえた。毎月20万以上安定的に入ってきてなおかつ自分でやってる副収入がプラスであったからすごく舞い上がってたの覚えてる。

目の前の小さな快楽に流され本当にやりたいことを見失ってはいけない。結局ある意味安定した契約社員の状況をやめて2年後には自分でやっている仕事だけでその時の2倍の収入を得ているからね。安定だと思った時点でもはやその状態は安定じゃないのかもよ。

何も辞めるのはバイトだけではない。遊びや飲み、付き合い、テレビやゲーム。どう考えてもテレビとかいらないでしょwww時間を確保するためにテレビも捨てました。

あとベッドも捨てましたw寝ないためにwおかげさまで今では床でも椅子でも軽自動車でもどこでも寝れますwww

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?何か行動のきっかけになれば嬉しい!今回の記事をまとめると

自分のバイトを振り返る→バイトを変える、またはシフト調節して時間を確保→時間の使い方をあらかじめ考えておく→継続する

全ての人に平等に与えられた時間。根本的に言えばその時間をどう使うかでしか人生は変わらないでしょう。俺はフリーターは優位だと思ってる。サラリーマンより学生より俄然時間を自分で作りやすいからだ。

あなたが変わるべき時は今だ。早速1日の時間の流れを自分で作ろう。本来持つべきあなたの時間を自分でコントロールするのだ。人生逆転しようぜ。あなたの決断に感謝してくれるだろう。他でもない将来のあなた自身が。

 

line@

profile3_28
お前誰だよ!!って方はこちらをクリック↑↑

1958458_573707586032489_844921365_n

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!