クリエイターがバイトせずに自分の作りたいものだけで生きてく具体的な方法

StockSnap_O4QDR35HT8s

こんちはっす!脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)です!

クリエイター、アーティストで生きていく人にとって売上は死活問題。そもそもどうやって生きていくの?と疑問に感じてる人も多いかと。

表現活動の売上で意識する点は3つのカテゴリー、そして売上の公式。

今回記事で扱うカテゴリーは商品と作品と情報発信。この3つのカテゴリーと売上の公式である売上要素を使うと自分の作るものだけで生きていく方法が見えてくる!

売上に困っているクリエイター必見!

3つのカテゴリーと売上の公式から自分の作るものだけで生きていく!!

 

クリエイターの売上を公式から考えてみる

さっきから言っている売上の公式を知ってますか?

売上は客単価×顧客数×リピート率で決まる。クリエイターの売上はこの公式で考えていけばいい。

飲食店とか他も全部これに当てはめることができる。だから売上を上げたいと考えたらこの売上要素のいずれかを上げればいい。

売上を上げるには?とだけ考えてもざっくりしすぎて迷子になる。

稲沼
この売上要素に対してそれぞれの戦略を考えれば分かりやすいよ!

ということで自分の売上を上げるために客単価と顧客数とリピート率、それぞれの戦略を考えてみよう!

 

クリエイターが作るモノを3つのカテゴリーで考える

では客単価、顧客数、リピート率という売上要素をどのように考えればいいか?

クリエイターが作る売上を3つのカテゴリーに当てはめてみよう。俺が考える3つのカテゴリーは商品と作品と情報発信だ。

これらは曖昧な部分がもちろんある、商品は作品でもあるし、作品は商品でもあるし、情報だって作品になりえるし。

自分がやっていることは3つのカテゴリーの何にあたるか?あるいはどのカテゴリーのモノを作りたいか?それぞれさっきの売上の公式に当てはめるのだ。個別に見ていく!

商品とは?

ここでは商品を複製可能なものと定義したい。例えばTシャツやグッズ、写真集など。やろうと思えば大量に生産が可能なもの。

これらは複製可能であることから顧客数が増えれば増えるほど発注するだけで売上が上がる。そのことから

商品のカテゴリーで売上を増やしやすい要素は顧客数である。

まずは顧客数をどう増やせばいいか考える、他の売上要素である客単価とリピート率ももちろん意識する。

客単価に関して安売りは絶対に厳禁!付加価値をつけて相場より高く設定するのが吉

 

作品とは?

ここでは作品とは複製不可能なものと定義したい。例でいえば絵とか彫刻とか作品としての写真とかである。世の中に1つしかないもの。

作品は複製ができないので顧客数は限定的になる、だから意識べきは客単価だ。

客単価を上げても買ってもらえるにはどうするか特に注力すべし。その上で他要素である顧客数とリピート率を考える

リピート率を上げるには定期的な作品購入者限定のイベントを開くとかグループを作ってオンラインで報告するとか接点を作るなど

 

情報発信とは?

情報発信は商品と作品と比べて少し変化球な売上だけど、商品か作品を作っていると情報発信ができるようになる。

クリエイターにおける売上の立つ情報発信の例とはファンクラブやオンラインサロン、有料メルマガやnoteなどによる有料マガジンなどなど。

これはファンがいないと成り立たないコンセプトもあれば、クリエイター生存戦略みたいな貢献をコンセプトとした情報発信もできる。

情報発信に関しては継続課金にすることでリピート率が自然と上がる。

客単価と顧客数を上げる戦略はそれぞれの要素で考えるべきっすね!

 

商品・作品・情報発信と見事に韻を踏んだこの3つのカテゴリーは、それぞれ客単価と顧客数とリピート率の3つの売上要素から戦略を考えるとGOOD!!

 

脳内アーティストの自分の場合

もう少し具体例が欲しいところだと思うんで自分を例に商品・作品・情報発信のカテゴリーで考えてみる。

商品

現在自分が一番に力を入れているのは商品の売上で生きるということだ。自分のやっている喋るTシャツなんかはまさにそう。約2000枚販売している。

今後はTシャツはもちろん色んな商品を作っていく。その中で安売りはせず(客単価)、多くの人に届ける方法を考え(顧客数)、また買いたいと思ってもらえる工夫をする(リピート率)

作品

もっとも苦手としているのが作品で売上を立てることだ。この記事での作品の定義である複製不可能なものは俺にはあまりない。

できるとすればこの前書いた記事のような権利互譲。関連記事:【実験】これが本当の企画屋!?過去企画売ります!!

または自分自身を作品としてコレクションしてもらうこともできるだろう。商品だけで作品は作らないスタンスでもありだけど、作品もチャレンジしていきたい。

情報発信

情報発信に関しては過去に書いた有料noteがある。でもこれは継続課金ではない。月額課金であるファンクラブのCHIPはやっていたけれど既に閉鎖させてもらった。

情報発信に関しては完全にこれからだ。商品と作品の学びを通して、情報発信の練習も兼ねこのブログを毎日更新している!

 

クリエイターがバイトをせずに生きていくには

イメージできただろうか?自分自身に置き換えて読んでくれていたら嬉しい!

 

①あなたが今作っているもの、作ろうとしているものは商品なのか作品なのか情報発信なのか

②そのカテゴリーを把握した上で売上の公式である客単価×顧客数×リピート率を上げる方法を考える

③それぞれの売上要素から考えた施策を優先順位にのっとって実行する

 

それらの売上からなる利益が生活費より上回れば晴れてクリエイターとしてバイトしないで生活できるのだ!!

 

もうすでに何かを作っているモノがある人はそれが商品なのか、作品なのかを考えると突破口が見えるはず。

何かを作ろうとしている人は今回の情報から作りたいものは商品なのか、作品なのか考えると良い。

 

自分の作リたいものだけで生きていくことは、好きなことを仕事にする事よりずっと難しい。

 

大事なのは行動力じゃない、行動できるのは当たり前だ。今度は考えることだ。

一緒に考えよう!そして証明しよう!クリエイターが自分の作りたいものだけで生きていく方法を!!

 

今、マジになる!!

 

お前誰だよって方はこちら↓↓

profile3_28

■ フリーターから脱出する方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ ■
フリーター完全脱出マニュアル

■ 新時代のフリーランスになる方法を 学びたいならまとめ記事がおすすめ! ■
新時代フリーランスの教科書

StockSnap_O4QDR35HT8s

シェアしてもらえると飛んで跳ねて踊るよ!

ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

line@banner

書いてる途中、何回も泣いた、フリーランスに関してもう言うことないくらい全部書いた。どこ探してもなかった4年間のリアルなフリーランス収入と全戦略まとめ。この奮闘記を読めば俺よりもっと早いスピードで成長できる。

どこ探しても見つからない超リアルな収支結果

line@banner

全くもって順調な人生ではなかった。楽しんで苦しみ抜いた大学を中退しての6年間。新卒フリーランスでも、起業経験者でも、サラリーマン経験者でもない。超リアルなフリーランスのお金の話をLINE@で発信中。毎週更新!見逃すでない!